読書

読書

【読書】圧倒的に自由で快適な未来が手に入る!「勝間式ネオ・ライフハック100」勝間和代:著 

「勝間式ネオ・ライフハック100」(勝間和代:著)の概略と前半部分(問題解決・目標達成ハック、時間管理ハック、インプット・アウトプットハック)の要約をまとめています。
読書

【読書】「マスク」100年前のパンデミックで菊池寛は何を思い、どう行動したのか

100年前のスペイン風邪によるパンデミックで作家であり文芸春秋の創始者である菊池寛は何を思い、どう行動したのでしょうか?スペイン風邪に関する短編が収められた本書から表題作の「マスク」のあらすじと感想をまとめました。
読書

【読書】「影響力の武器」第1章 ぜんぜん売れなかった宝石が2倍の値段で完売したわけ

ロングセラー「影響力の武器」の第1章についてまとめました。「高価なもの=良質なもの」や「専門家がそう言うなら、正しいに違いない」という思い込みで私たちは時に誤った判断をしています。なぜ私たちは間違えるのか?
読書

【読書】「FACTFULNESS」でコロナ禍を読み解いてみた

大ベストセラー「FUNTFULNESS」の内容を紹介しつつ、この本をもとに現在進行形のコロナ禍について読み解いてみました。
読書

【追悼】立花隆「臨死体験」「死はこわくない」

「知の巨人」立花隆氏が亡くなってしまった。追悼の意を込めて立花氏の著作「臨死体験」と「死はこわくない」の中から「死」について考えたことをまとめてみた。
読書

【書籍】マスコミと官僚に惑わされないために「国民のための経済と財政の基礎知識」(高橋洋一:著)

「さざ波」「屁みたい」発言で期せずして注目されてしまった数量政策学者、高橋洋一氏が書いた「国民のための経済と財政についての基礎知識」官僚やマスコミによる誤った経済政策に惑わされないためにマストの1冊です。
読書

【書籍】大切な人を看取る前に知っておきたい死ぬ前に起こること「死にゆく人の心に寄りそう」

大切な人を失うのは誰でも悲しくてつらいことだと思います。でも、大切な人だからこそ、最後の最後は安らかに見送ってあげたいですよね。そのために、知って欲しいことが書かれてる1冊です。
読書

【経済コミック】「がんばってるのになぜ僕らは豊かになれないのか」井上純一:著

頑張っている私達がなんで豊かになれないのか?という疑問について「中国嫁日記」の作者、井上純一氏が経済的知見を生かして分かりやく解説してくれる経済コミックです。
読書

【見えてる世界が一変する!】タロとジロの物語「探検隊」星新一:著

1月14日は「タロとジロの日」。南極に取り残されたカラフト犬のタロとジロの生存が確認されたのが、昭和34年の1月14日だったとのこと。映画にもなり多くの感動を生んだタロとジロの物語だが、星新一の「探検隊」を読むと、その印象がガラリと変わる。
読書

【令和の感染症対策は江戸時代よりも遅れてる?】「感染症の日本史」磯田道史:著

「感染症対策に日本史」の中から江戸、明治、大正時代の感染症対策や庶民への生活支援としてどのようなことが行われていたのかをまとめてみました。
タイトルとURLをコピーしました